メモ dhcpd

By | 2013年5月10日

vi /etc/dhcpd.conf

# DHCP Server Configuration file.
# see /usr/share/doc/dhcp*/dhcpd.conf.sample
# see ‘man 5 dhcpd.conf’
#

# dhcpd.conf
#option domain-name “ドメイン名”;
option domain-name-servers 133.89.3.1,133.89.8.22;

# リリース時間、単位は秒
default-lease-time 3100;
max-lease-time 604800;

# ここからがIEのプロキシ自動検出用(WPAD)
authoritative;
option wpad code 252 = string;

# ダイナミックDNSにも対応していますが私は使用しないのでnoneにしました
ddns-update-style none;

# LOGをlocal7にする、他に使用している場合は違う番号にしましょう
#log-facility local7;

# ここからが細かい設定
# サブネットとネットマスクをひとまとめとして{でくくる
subnet 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 {

# — default gateway

# DHCPで割り当てる範囲を指定する
range dynamic-bootp 192.168.0.10 192.168.0.254;

# タイムサーバーが有る場合
#option ntp-servers 192.168.0.1;

# DNSサーバー指定
option domain-name-servers 133.89.3.1,133.89.8.22;

# デフォルトルーター
option routers 192.168.0.1;

# PROXY自動設定ファイルの有る場所を指定
option wpad “http://192.168.0.1:8082/proxy.pac”;

# サブネットマスク
option subnet-mask 255.255.255.0;

# ブロードキャスト
option broadcast-address 192.168.0.255;

# WINSサーバーが有る場合
#option netbios-name-servers 192.168.0.1;
#option netbios-dd-server 192.168.0.1;
#option netbios-node-type 8;

# リリースタイム
default-lease-time 72000;
max-lease-time 2592000;

option time-offset -18000; # Eastern Standard Time

}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)