XCacheのインストール

By | 2013年9月28日

phpのコンパイルしたコードをメモリに保管し高速化するツールの1つである「XCache」のインストール方法メモ

yum install –enablerepo=remi php-xcache xcache-admin
vi /etc/php.d/xcache.ini # 設定を編集
# md5のハッシュ値は「echo -n “hogehoge” | md5sum」や「php -r ‘print md5(“hogehoge”);’」で生成
/etc/init.d/httpd restart
php -v # 入っているか確認、apcがすでに入っている場合エラーが出るので、apcを停止する「/etc/php.d/apc.iniのアンロードなど」
cp -a /usr/share/xcache/ /var/www/html/xcache/ #管理ツールのコピー

参考サイト:http://www.tecmint.com/install-xcache-to-accelerate-and-optimize-php-performance/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)