CoreOSを入れてみたのメモ

By | 2014年10月4日

Hyper-Vの仮想マシンにCoreOSを入れてみた。

のでまとめてみる

 

  1. 公式サイトから coreos_production_iso_image.iso をダウンロードしてそこからブート
  2. sudo passwd core でPasswordを設定してからのSSH接続
  3. coreユーザーに一応パスワード設定するためのハッシュ生成に「openssl passwd -1」
  4. PuTTygenでSSH鍵生成
  5. cloud-configをちまちまと設定
  6. sudo coreos-install -d /dev/sda -c config でインストール
  7. 停止してブートに使ったイメージ切り離してからの起動、からの設定適用にもう一度再起動
  8. 以上で完成?

 

こんなかんじで出来たっぽい

 

cloud-configはこんなかんじにしてみた

#cloud-config

users:
– name: core
passwd: ハッシュ値

ssh_authorized_keys:
– ssh-rsa AAAAB3….

write_files:
– path: /etc/systemd/network/static.network
permissions: 0644
content: |
[Match]
Name=eth0

[Network]
Address=192.168.0.xxx/24
Gateway=192.168.0.1
DNS=192.168.0.1
DNS=8.8.8.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)